うつ病のきっかけ

うつ病のきっかけ

うつ病にはきっかけがあります。人によってうつ病のきっかけは様々です。

大人の人でうつ病を発症してしまった人であれば、仕事のストレスが原因でうつ病を発症知てしまった人もいるでしょう。人間関係が原因でうつ病になることが大半です。

うつ病のきっかけには以下の要因がよく見受けられます。

  • 過重労働
  • パワーハラスメント
  • 離婚
  • いじめ
  • 育児
  • 転職や転勤
  • ペットロス
  • 長期の睡眠不足
  • 薬の副作用

他にも細かい要因を探れば沢山可能性があります。あくまでこれは原因ではなく発症のきっかけとなったものです。

特にうつ病を発症してしまう人に多いのが人間関係からのストレスです。職場での上司や同僚との人間関係がうまくいかないことによるストレスは非常に多いものです。

パワーハラスメントによって、そのストレスに耐えられなくなり、体や精神が悲鳴をあげうつ病になってしまう人もいます。また離婚によるストレスなどでうつ病になる人もいます。

若い世代では、職場のパワハラと構造は似ていますが、いじめの問題があります。学校で同級生から執拗ないじめがきっかけとなってうつ病になり子供も決してまれではありません。

登校拒否になる程度ならまだしも、うつ病になってしまうというのはとても辛いことです。その他ペットロスによる失望感から立ち直れなくなりうつ病になる人。

レアケースではありますが、降圧薬や経口避妊薬などの副作用でうつ病になる人も少数ながらいます。そして感染症や甲状腺機能の以上からもうつ病になる可能性もゼロではありません。

このようにうつ病になるきっかけというのは、実はわたしたちの生活の中の非常に近い距離にあるといえます。

 

投稿日:

Copyright© 江南カウンセリング , 2018 All Rights Reserved.