悩み関連

やる気がでない時の効果的な対処法!原因と対策を知って楽になろう!

更新日:

やる気が出ない女性

やる気が出ない時って誰にでもありますよね。そんなときにはどうすればいいのか、何か効果的な対処法はないものかとお探しの方も多いと思います。

今日はやる気が出ない時の効果的な対処法についてフォーカスしてみたいと思います。

やる気がでない時の対処法とは?

大抵の場合は仕事や勉強などに取り組まなくてはならない時にやる気がでない時が多いですよね。まず、あなたのやる気がなぜ出ないのかその理由をチェックして、それに対する対処法も見ていきましょう。

漠然と人生においてやる気がでない:他人の夢を追いかけていませんか?

やる気がでない場合の理由と対処法を見ていく前に、あなたのやる気は人生全般においてやる気がでないとすれば、それはちょっと大きな課題があるといえます。自分は何をしたいのか、どうしていきたいのかわかならいとなると、自分のアイデンティティーが形成されていないかもしれません。

そして他人の夢を自分の夢と勘違いしている場合もあります。自分もそうあるべきといういわいる『~するべき思考』に陥っている可能性が高いです。本当にそれは自分のやりたいことなのでしょうか。

社会的な体裁が入っていませんか?自分で思い込んでいないか一度客観視する必要があると思います。また親のレールに乗っている人も見受けられます。親がそう願っているからという意識がないかどうかも確認してください。

自分らしい生き方ができていない人は、まずは自分がどうしていきたいのか、何をしたいのか自分と向き合うことが必要です。そういう場合は本記事を読み進める前に次の記事を読んでみてください。

そういった問題が無い場合は、次を読み進めていってください。

やりたいことが見つからない!?やりたいことを見つけるたった1つの方法!

やる気がでない理由1:無理をしてやりたくないことをしている

そもそもやりたくないことをやっていると人はやる気が出ません。可能であればそんなことはしないほうが良いのですが、そうもいかない場合が多いですよね。

自分の本当にやりたい事に向かってやっていることなのかどうか一度確認してみてください。周囲がそうするから自分も当然そうするべきと思っていませんか?

自分の夢のためにどうしても必要なものであれば、そんなに苦ではないはずです。自分にとって本当に必要かどうか考えてみましょう。

対処法

もし必要なことであるのならば、それが成功もしくは進展した後にどんな素晴らしいことが待っているのかをイメージしてください。要は何のために自分はそれをしているのかをしっかり考えます。

そしてそれが成し遂げられた時のイメージをして嬉しい気持ちを再現してください。要は自分の目先に人参(ご褒美)をぶら下げるようなイメージです。

ご褒美があると人は短期的は頑張ることができます。目先の人参、中期的な人参といった感じで楽しい未来を想像して乗り切るのも一つの手です。

ただ長期的なビジネスの場合は成功するためには、モチベーションは返って邪魔になります。モチベーション不要で、コツコツと習慣化して作業できるような仕事の方が間違いなく成功します。

これはとても大事なことですので、覚えておいてください。よく自己啓発セミナーへ行って、モチベーションを一気に高める人がいますが、あれはほぼ無駄になりますのでやめておきましょう。

あれは一種のカンフル剤でしかありません。その場だけのモチベーションアップです。翌日からどんどんテンションは下がっていき、またやる気がでなくなる。そしてまたセミナーへ行ってしまう。そんなことの繰り返しになります。

あなたがやる気がでなくなっているそのことは、情熱を傾けられるものでしょうか。情熱が傾けられることかどうかを確認してください。

明らかにやらなくてはならないカリキュラムであるのなら、それはやるしかありませんが、やる必要がそもそもないはずの事を思い込みでやらなくてはならないと勘違いしている人が時折います。

人に頼んでクリアできるものならそうするのも良いですし、どうすることがベストなのか自分なりに考える視点が必要です。

それがなかったらどう困るのか考えて、対して困らないことであるならば、必要のないことですのでやめてしまいましょう。

やる気が出ない理由2:疲れている

肉体的に疲れていたり、脳が疲れているとやる気は出なくなります。疲労は最もモチベーションに影響する事柄の一つです。疲労回復がやる気復活の鍵です。

対処法

しっかりと休憩をとるようにしましょう。焦って作業を先に進めたい気持ちはわかりますが、休むことも仕事と思ってください。作業の合間に軽く体操をしたり、瞑想なんかをするととても思考がリフレッシュして作業がはかどります。

やる気が出ない理由3:睡眠不足

睡眠不足になっていると、脳の疲労が回復しないですし、記憶の整理も付いていないので翌日の頭の回転も悪くなります。まさにやる気が出ないことに直結していきます。

対処法

昼間であれば、昼寝が効果的です。最大10分くらいまでの昼寝であれば、生産性が向上します。

最近では昼寝を了承している企業が増えてきています。脳をリフレッシュさせるために遠慮なく昼寝をして、やる気を復活させましょう。

やる気が出ない理由4:マルチタスクになっている

あなたはいろんな作業や用事に手を出していませんか?マルチタスクになっていると、明らかに生産性が落ちます。頑張っている割には作業の進展が悪いなんてことがよくあります。

そうなると、結果もなかなか出ないので、ますますやる気が出ないことを体験するでしょう。

対処法

やる気が出ない時はマルチタスクになっていないか確認をし、なるべくタスクは一点集中型の生活を心がけるようにしましょう。一つの作業をしっかり完結させて片付けます。

あるいは1日の中で作業時間を区切ることが大切です。特に2時間集中して作業をしようと思っても、人間の集中力はそんなに長くは続きません。15分に区切って集中して作業を進めてみると、以外に効率がよくなります。

朝起きてからが一番脳がリフレッシュしています。この時間帯が最も作業効率が上がるときです。大事な作業、大変な作業ほど、午前中に済ませてしまうのが理想です。雑務は最も最後にしましょう。

これが基本です。

やる気が出ない理由5:心配事、不安がある

心配ごと、不安が潜在的にあると、人は落ち着いて行動することができなくなります。あなたは強い不安を抱えていませんか?不安がベースにあると、どんどん集中力が散漫になり、やる気がでなくなります。

対処法

それが解決可能な問題なら、先にその不安の原因を解決しましょう。漠然とした遠い未来の不安や、悩んでも解決できない問題に関しては、冷静に受け止める必要があります。考えても仕方のないことを考えていることがとても無駄な時間になってしまいます。

心に引っかかっている問題は先に片付けたほうがスッキリします。

その問題が悩んで解決するものなのか、そうではないものなのか、そしてそれに対して自分はどうするのか?自問自答してください。そして自分の中で線引をするような習慣を身に着けましょう。

人に聞いてもらって落ち着くのなら誰かに話しを聞いてもらってもいいですし、大きな問題であるならば一人で抱え込まないようにしてください。

関連記事:気持ちの切り替えができない時どうすればよいのか?問題解決の考え方!

まとめ

  • やる気がでない時の対処法はまずは、やる気がでない理由を知る
  • それに合わせた対処法を実践する
  • ビジネスの場合はやる気に左右されない情熱が必要
  • やる気に左右されず、習慣化できた方が強い

やる気がでない時の対処法をいくつか解説いたしました。個人的に思うことですが、本当に人生を幸せにしていくためには自分を良く知ることが大切です。自分が本当は何をしたいのかを知ることが早くできれば、その分、やりたい事が自ずと早く見つかります。

実現したい夢がある場合は、それに対してそもそもやる気が出ないということはあまりおきません。感情は心のセンサーです。嫌な気持ちがあるということは、それはあなたにとってふさわしくない場合がほとんどです。

情熱はモチベーションとは別のものです。自分が情熱を傾けられる本当にしたいことを見つけることが最も大切なことだと私は思います。

「やる気がでない」「全てが無駄に感じる」それは学習性無力感かも!効果的な対処法を解説!

-悩み関連
-

Copyright© ライフサイズ , 2018 All Rights Reserved.