うつ病

うつ病の同僚がいる職場での接し方で大事なこと!

投稿日:

女性

うつ病の人との接し方に難しさを感じている人も多いと思います。特に職場での対応などで、どういう接し方が良いのかと考えている上司や同僚の人も多いでしょう。

今日は職場でうつ病の患者さんと関わっている人への適切な接し方を私なりに說明いたします。

うつ病の方との職場での接し方の注意点

うつ病で休まれていた方が、いよいよ職場復帰となった場合や、現時点でうつ病を患いながらも頑張って職場へ通勤されている方への接し方には気をつけたいポイントがいくつかあります。

職場での接し方1:可能であれば、うつ病への理解を職場で統一する

これは大事なことなのですが、うつ病患者さんと関わるなら、うつ病がどのような病気か知っていなければなりません。具体的な接し方の前に上司を中心に、うつ病を患っている社員の方、もしくは患っていた方が復帰される前の段階であれば、部署を挙げてうつ病への学習、理解を深めておくことが大切です。

なかなかそういった取り組みをしている企業は少ないのが現状ですが、やはり今は元気な方でも働き方や環境によっては今後うつ病にならないとも限らないわけです。

部署では意思統一ができなくとも、少なくともあなたはこれをきっかけに、うつ病への認識をしっかり学んでおくことが必要です。うつ病の症状や回復までの道のりや、患者さん本人のパーソナリティや得手不得手。そういったことも再把握することで、職場復帰してからの働きやすい環境を整えてあげられます。

職場での接し方2:下手な励ましはしない

うつ病の方の多くに、励まされることで病気を意識してしまって落ち込む人がいます。これはあくまで人によるので難しいのですが、励まされるとだめな人がいます。中には逆に励まされることで孤独感が和らぐ人もいるのでちょっと難しいのですが、基本はニュートラルに対応するのが良いです。

相手に対して意識してしまいがちになるのはわかりますが、それは相手にも伝わってしまいます。接し方は常に自然体を心がけましょう。

職場での接し方3:ハイテンションはNG

ハイテンションな気分での接し方は基本NGです。うつ病患者の方は相手のテンションに無理してあわせる傾向があります。本当は明るい気分になれなかったり、不安な気分を抱えていたり、肉体的につらい症状を我慢している場合もあります。

無理にテンションを高めてしまうことで多大な疲労感を与えてしまうので極力控えるようにしてください。やはり可能であれば、普通のテンションで対応するように心がけましょう。別に無理に意識してしまって固くなるような感じではなく、自然に振る舞うといった感じで結構です。

職場での接し方4:相手の仕事を奪わない

うつ病の方がいくら病気だからといっても、会社へ出勤されているのであれば仕事はそれなりにできます。プレッシャーのかかる仕事をしてもらうのは確かに気をつける必要がありますが、何でもかんでも仕事を手伝ったりして、本人のやりがいなどを奪わないように注意しましょう。

周りの人が不必要に助けてばかりですと、本人はうつ病のことを逆に意識してしまいます。そうなると、かつてうつ病であった自分、あるいは現在も通院しながら治療中であるのなら、今の自分を思い出して自分のことを責めてしまいかねません。

その点を配慮し、仕事は適切にしてもらえる環境を同僚たちと話し合い意識統一をしておきましょう。本当に困っている場合は積極的にサポートしてあげましょう。

職場での接し方5:基本的には聞き役(理解者)になる

これはカウンセリングにも共通することなのですが、相手の話に傾聴することがうつ病の人への接し方で大切なことです。うつ病の方は何でも自分で背負い込む傾向があります。

その人が職場に復帰した場合、治療として投薬治療と休暇をしただけでなく、しっかりとカウンセリングによって適切な心のケアができているのであればそれほど心配ありませんが、そうでないのなら主体的にはあなたは聞き役になるのがおすすめです。

うつ病の患者さんは自分の意見より相手の意見を何より尊重する癖があります。本当はこう言いたいけど、相手に悪いから言うのはやめておこうと考えたり、人によっては自分の意見をしっかり相手に話すという選択肢すら持っていない人もいます。

周囲の人たちが、こちらの意見ばかりを相手にいうのではなくて、うつ病患者さんの意見を引き出すような意識での接し方ができれば最高です。

職場での接し方6:プレッシャーをかけない

ここでのプレッシャーをかけないという意味には2つあります。一つは仕事を押し付けないということです。たまに非常に冷徹な人がいます。「職場はそんな甘い場所じゃないので、出社してるからには100%仕事をこなしてもらわなければ困る!」といったマインドの人がいます。

それはその人の個人的な考えであって、他の人に押し付ける話ではありません。お金を頂く限り仕事をこなすのはわかりますが、完璧な人間などこの世にいません。調子の良いときも悪いときも誰にもあります。

自分は頑張っているのだから、周りも頑張るべきといった思考は周囲に非常にプレッシャーをかける考え方です。自分も我慢しているからお前も我慢しろというマインドは幸せには程遠い思考パターンですので気をつけましょう。

うつ病の方は特にプレッシャーに対しては過敏です。折角本人の努力で出社しているのに、下手なプレッシャーをかけてしまい、体調不良に陥らせてしまっては元も子もありません。

あなたは足が不自由で歩けない人に対して、「走れ」と言えますか?きっとあなたはこう言うでしょう。「慌てなくていいから、ゆっくり歩きましょう」そうですよね?

うつ病は目に見えませんが、明らかに病なのです。本人が好きでそうやっているのではありません。心が大怪我をしている状態といっても間違いではありません。そんな人に走れ!頑張るべき!などという行為は決して言えないのです。

職場での接し方7:あなた自身が気を使い過ぎないこと

ここまでいろいろと說明を読んできたあなたとしては、何かと意識することが多いなーと感じているかもしれません。でもそこまで重苦しく感じる話ではないのです。基本はニュートラルです。

あまりうつ病の方への意識をしすぎるとそれが相手に伝わってしまいます。何より心のギアをニュートラルにする感じでいれば良いのです。うつ病の方の多くは過酷な幼少期を経験してきた人がとても多いのです。

とても真面目で誠実な人が大半で、自分よりも相手をたてる犠牲の精神の強い人がとても多いのです。うつ病の方は職場へ復帰したり、治療しながら勤務しているときは、自分が同僚や上司達からどうみられているのか、心の目で常時観察をしてしまっています。

いつも周りに迷惑を変えてはいけない、迷惑をかけたくないといった思いが強いのです。それだけでもかなり心労が発生するのですが、そのあたりも温かい理解をお願いいたします。あなた自身が自然体で接することが、相手にも伝わり、あなたも疲れず、うつ病から復帰された人にとっても疲れない共に仕事をしやすい環境づくりに繋がります。

これらのことはスキル(技術)と考えましょう!

これらのことは人と良好な関係を気づくためにとても有効な接し方です。職場に限らず家庭やプライベートでも必要な技術です。

あなたが自分の意見を相手にしっかりと伝えることができるのであれば、相手の意見もしっかりと聞くスキルが必要です。『伝える技術と聴く技術があると人は幸せになれる』というのが私の持論です。

それは自分の想いを自分が大切にし、相手の意見も尊重することを意味します。すなわち自分は自分、人は人、お互い違う人間であることを認め、それでも尊重しあい助け合える。そういった思考になるのです。

まとめ

  • 職場でのうつ病患者さんへの接し方には7つほどポイントがある。
  • うつ病患者さんへの職場での接し方の第一歩はうつ病について知ることから。
  • これらのコツはスキルと考えると良い。

うつ病に関する職場での接し方は何より、うつ病がどういった病気なのか理解することが第一歩です。人間は1人では生きていけません。必ず誰かしら人と関わって生きていきます。

ですので、うつ病への理解を深め、あなた自身が人の心を学ぶことが、自分を成長させ仕事の質も高めるのです。この記事でお伝えしたことはある種のスキルと考えてください。

うつ病の人との接し方というスキルというだけでなく、あなたが幸せになるために必要なスキルとお考えください。そういったスキルを持った人が多い企業は、会社の利益を高めること大きく貢献すると私は考えます。

うつ病の方への理解をすることは、あなたと家族、周囲の人のためになるということが伝わればと切に願います。

関連記事:うつ病の症状

-うつ病
-, ,

Copyright© ライフサイズ , 2018 All Rights Reserved.